カフェハウスの家づくり

つくる

▶ 工法について

カフェハウスでは「ツーバイフォー工法」をメインに施工しています。

現在、カフェハウスの作品の多くが「ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)」にてご対応させていただいています。

ツーバイフォー工法(またはツーバイシックス工法もご提案可能)のメリットを生かし、夏は快適・冬暖かい暮らしをご提案しています。


▶ ツーバイフォー工法を推進してきた背景

現在カフェハウスが主流としている施工工法「ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)」の家は、私たちカフェハウススタッフも実際に住んで暮らしています。

一年の四季をすべて体感しているからこそ、四季のそれぞれの過ごし方や快適さもより現実的にリアルにお客様へお伝えさせていただいています。

ツーバイフォー工法を取り入れてきた背景としては、「断熱気密性の高いツーバイフォー工法のおかげで身体にも暮らしてからのコスト面でもエコな暮らしが叶えられる」こと。

また、実際に体感してきたからこそ良いと思ったものを提案していきたいと素直に思えたのが始まりです。

きっかけから始まりましたが、専門的な理由からや資金計画をするうえでのコスト面と併せて妥協させたくないデザイン性も考慮したい気持ちから、性能・耐震・耐性などバランスよく安定しているということも、取り入れているひとつとして掲げられています。



▶ 丁寧な現場

カフェハウスの現場では見えなくなる土台部分・構造内(天井や壁、窓や玄関ドアの隙間等)にも丁寧な施工をさせていただいています。

>> 「ホウ酸取得士」の資格を持っている為、基礎土台全体に”ホウ酸”※による消毒を噴霧することができます。シロアリやゴキブリを防ぐ・寄せ付けない効果で家を守ります。

※ホウ酸は人体には影響ありません。シロアリ・ゴキブリに効果を発揮します。

土台施工の様子では、土台から上がってくる湿気を防ぐのに高い効果のある”基礎パッキン”を土台全体にまわしています。こちらの基礎パッキンを施工しない又は一部一部にしか使用しない例もよく伺いますが、CAFE HOUSEではひとつひとつに丁寧な施工をさせていただいています。

>> 天井箇所には”ミラスルー”や”防震吊木”の施工を取り入れています。太陽に一番近く熱の逃げ場となる天井のこもった熱を通気・遮熱するミラスルーや、上階から伝わる音や振動を防ぐ効果を高められる防震吊木など、暮らしの中でおこりうるストレスを軽減してくれる隠れた優れものを取り入れています。

また、窓枠・玄関ドア枠にも吹付断熱を施しています。

隙間風を防ぎ、より高断熱高気密な暮らしが叶います。

>> カフェハウスの現場は中も外も見えなくなる細かな箇所にまで配慮された現場管理を徹底させていただいています。

雨風の室内への侵入。木材が濡れないよう適切な配慮。

長く快適に暮らすためには…と、常に暮らす方々の目線や想いを暮らす方々の考え以上に考え、行動させていただいています。

電話をかける